オリックス銀行カードローンの金利のキホン

オリックス銀行のカードローンは、金利が年利3.0~17.8%である事が明示されています。この利率は銀行系のカードローンの中では最高値は高めで、消費者金融に近しい厳し目の設定となっています。逆に最低値は破格と言える低さで業界トップと言える値でもあり、オリックス銀行における顕著な特徴になっています。市場の中での差別化の要素として、利用におけるポイントとしてもしっかり把握して活用したい点と言えます。
肝心の利率の決定ですが、審査の通過時・増額の決定時に用いられる6段階の借入限度額の高さが主な要素となります。最も安い年利3.0%が適用される条件としては、限度額が700~800万のコースが適用されている事・ある程度纏まった金額の借入を行う事が該当します。反面、限度額低めで小口の借入を繰り返すようなケースにおいては、17.8%若しくはこれに近い高めの利率が適用されます。
オリックス銀行では小口融資に強い保証会社との提携関係もあり積極的な融資を期待出来ますが、金利面から考えた場合には明らかに大口の利用の方が有利な設定になっていると言えます。特に複数の他社借入を整理する目的で組むおまとめローンについては属性面で大口借入が本来は難しいケースでも審査に通過する可能性が高めで、オリックス銀行における金利設定の利点を最大限に活かす事が出来ます。融資決定に掛かる時間は長めで比較的慎重であり、この点からも高額利用を前提とする事が望ましくなっています。