消費者金融とカードローンの違いとは?

消費者金融とカードローンの違いとは?

消費者金融と銀行カードローンには3つの違いがあります。

1、金利

金利だけを比較した場合、消費者金融の方が金利が割高の傾向があります。たいてい消費者金融の金利は実質年率18.0%ですが、銀行カードローンは14.5%前後の金利に設定している所がほとんどです。つまり、金利差が約3.0%~5.0%ほどの開きがあるといえます。

2、サービス

同じキャッシングでもサービスの違いがあります。消費者記入の場合、、即日審査・即日融資はもちろん、金利無利息サービスや、収入証明書不要で審査を申込めるサービスなどを実施しています。一方、銀行のカードローンは、対応がとても丁寧過ぎて遅く、即日融資・即日審査に対応していないところもあります。もし緊急でお金が必要な場合は消費者金融の利用がおすすめです。

3、限度

消費者金融と銀行カードローンの一番大きな違いは、限度額です。消費者金融の場合、すでに数社から借入がある場合、借り過ぎを理由に審査に落ちてしまうことがあります。しかし、銀行カードローンの場合、たとえすでに借入をしていても、審査に通る可能性はあります。なぜこのような違いが生じるのでしょうか?それは、総量規制と呼ばれる法律が基準となっているからです。この法律により、消費者金融は利用者の年収の3分の1までしか貸すことはできません。しかし、銀行の場合はこの法律が対象外となるので年収の3分の1以上でも貸すことができるため限度額で違いがでてくるのです。